新しくでてきた抗がん剤!でもお金がかかるんでしょう?

最近増えてきた抗がん剤とは?

がんの治療法と言われるとどんなものを想像しますか?外科手術?放射線療法?それともいわゆる抗がん剤と言われるような化学治療?いろいろありますしがんの場所や進行具合によっても変わってきますが最近はがん細胞だけを標的にした抗がん剤が出てきているのです。それが分子標的薬と言われる抗がん剤。がんの細胞しか持っていないものを標的にして壊すので正常な細胞は攻撃しにくいのです。なので副作用も少なくて済むのです。今までの抗がん剤は分裂が早い細胞を標的にしていたので髪の毛など分裂が早い細胞が壊されて髪の毛が抜けてしまうという副作用があったのですね。

分子標的薬とお金の関係

分子標的薬な抗がん剤、もちろん副作用もありますが何より気になるのはお金のことですよね?この分子標的薬、飲み薬だとなんと一錠につき一万円を超えるお薬もあるのです。もちろん自腹で払えない額なので多くの人は高額医療費制度を使って上限があります。それでもまだ高いのです。こんな時に使えるのががん保険です。抗がん剤治療を始めるとまとまったお金が必要になることもでてきます。しかしがん保険だと一時金としてまとまったお金を受け取れますし上限があるといっても負担が大きい治療費が返ってくるというメリットがあります。

分子標的薬の落とし穴

分子標的薬のメリットは副作用が少ないしがん細胞めがけて一直線に攻撃してくれることと説明しましたがもちろんデメリットもあります。それは使えるがんの種類が決まっていること。がん細胞にめがけて行くわけですからがんの種類が違ったら使うことができません。そして比較的新しくでてきたお薬ですから副作用とか飲み合わせがまだよく分かっていないものも多いのです。抗がん剤も最近はいろいろでてきています。メリットとデメリットをよく知って賢く選択してください。

がん先端治療の取り組み方は、それぞれの患者の病状や医師の腕前などに左右されますが、早期に治療法を決めることがポイントです。